ソフィア

障害者支援施設 ソフィアのブログ 施設の行事や利用者の皆様の活動を発信します!

光洋小学校わくわくセカンドスクール

75日糸満青少年の家で開催されている光洋小学校わくわくセカンドスクールに、更生ソフィアの玉城伸一課長と利用者の伊佐重紀さんが招かれ、福祉講演会を実施しました。

玉城課長は、施設で利用者の皆様がどういう暮らしをしているのか、介護職員はどのような業務を行っているのか、分かりやすく説明をしました。

また、利用者の伊佐重紀さんからは、障害を持っていても自分のやりたいこと、出来ることと出来ない事を区別し、自分の可能性や出来る能力を向上させ、出来ることを増やし人生を楽しむことが大事。「自分らしくやっていこう」と子供たちに伝えました。

講話の後は生徒たちと伊佐重紀さんの交流でレク活動(ジェスチャーゲーム)を実施し、楽しく過ごしました。

生徒たちからは、「上手くジェスチャーが伝わらなかった。言葉で伝えられない事の難しさや言葉が話せるありがたさが解った」「しーげーさんの前向きなところがとても良かった」と話してくれました。

これからもソフィアでは地域の皆さんと一緒に地域づくりに取り組んでいきたいと思います。

 

 

献血活動

梅雨の合間の爽やかな空の下、ソフィアで献血活動を行いました。

沖縄県赤十字血液センターの協力を得て、スタッフをはじめ地域の皆様にも参加して頂きました。

(ドキドキしながら献血を待つスタッフ(不安を笑顔で誤魔化してます。))

日頃は仕事として介護に従事していますが、今回は献血という違った形での社会貢献ができました。

(献血前の血液検査)

ちょっとの勇気と「誰かのために」という気持ちで、みんなで楽しくワイワイとできたことはとてもよかったと思います。

(献血終了後にほっと一息)

今回で2回目の献血車ですが、今後も継続していきたいと思います。

沖縄県赤十字血液センターの皆様、ありがとうございました。

肉フェス in 更生ソフィア

毎年、利用者の皆様が楽しみにしている肉フェスが、427日に更生ソフィアで開催されました。

鉄板の上で焼かれる牛肉と  豚肉、そして焼き鳥、焼きそば・・・

栄養の偏りが心配されるメニューですが、年に一度のバーベキューなので今日はお肉をたくさん食べると利用者の皆さんも意気込んでいます。

豊見城高校からもボランティア2名が参加し利用者へ提供する肉を頑張って焼いています。肉をおかわりする利用者の多さと速さに、食材が足りるか心配していました。

野菜はポテトサラダの下にあるレタス位でまさに肉祭り。

お肉をたくさん食べた後は、デザートのバニラアイス。

利用者にとって、何とも夢のような夕食となったのではないでしょうか。

1 2 3 45